「 2017年01月 」一覧

大学受験

正月だというのに親戚の子供が誰も訪ねてこなかった。毎年、この季節になるとお年玉をせびられるのであるが、逆に誰も来ないと拍子抜けしてしまう。

毎年、この時期の出費は痛かったが、誰もこないと何だか少し寂しい気もしないではない。

それで、誰も訪ねて来なかった理由であるが、今年は大学受験なので勉強しなければならないのだという。

確か、高校受験の時も似たようなことを言っていたような記憶がある。大学受験と言うことは高校受験から早くも3年が経過したことになる。

そんなことを考えながら神社に初詣に行ったら、偶然にも、その親戚の子供と会った。賽銭箱に御賽銭を入れて合格絵馬を買ったという。絵馬には大きく「合格祈願」と書かれていた。

受験する学部は決めたのか?と訊くと法学部か教育学部にするという。少し違うような気もするが、まあ良いであろう。本人が受験するのだ。本人の進路である。

お年玉を、その場で渡してやった。ポチ袋は間に合わなかったので裸銭で渡した。ついでに合格祈願のお守りも買ってやった。

受かると良いな。そして、ふと過去の自分の大学受験のときを思い出した。

私は大学のキャンパスではなく地方受験で別の会場で受験した。入学するまで自分の進学する学校が何処にあって、どんな学校なのかも全く知らなかった。

いざ、入学手続きをするために、実際に訪れてみるとシカやタヌキやサルが普通に出る環境であった。山奥も良いところだった。それを見て親は遊ぶ場所がなくて良かった。これなら勉強に専念できるよね。と言った。遊ぶ場所がなくても若者は遊ぶのだが、親はとりあえず、これで安心した。

私が受験した時は、確か入学願書をインターネットで取寄せた記憶がある。

書店で購入すると1000円くらいであったか?インターネットで請求すると無料で入手できる。いったい、どんなカラクリになっているのか?

それでもタダで手に入ったのだから文句はない。

取寄せたのは、このサイト⇒佛教大学 教育学部 願書

願書は無料で請求できたが、流石に入学金や授業料は無料にはならなかった。いくら日本育英会の奨学金をもらっていたとしても。