皮脂汚れをそのままにした結果背中にニキビが。きちんと洗って落とすべし。

私が背中のニキビケアを始めたのは3年ほど前にさかのぼります。

それまでお風呂では欠かさず背中を流す習慣があり、ニキビとは無縁の人生を送っていたのですが、ある芸能人が実践しているという入浴法を取り入れ習慣化して2年ほど経過した時に、背中のニキビができ始めてしまいました。
その入浴法を実践して1か月ほどで確かに肌の乾燥が気にならなくなり、ひじやかかと、ひざ下の足がカサつくことが実際になくなりました。
ですが、背中など皮脂が溜まりやすい場所まで石けんなどを使って洗わずにそのまま湯船に浸かるという状態では、私にとっては皮脂が落ちるどころかますます溜まって行く一方だったようです。
以前は背中を毎日欠かさず洗っていた私には、その入浴法をそのまま自分に導入できず、3~4日に一度は背中を流すことにしていましたが、やはりそれだけでは汚れを落とすのに不十分だったわけです。
背中の汚れが十分落ちていない明らかな証拠に、汚い話ですが服につく皮脂汚れが濃くなったことが挙げられます。
白のインナーなどは2~3度着ただけでもう使いたくなくなるほどの「色づき」方で、さすがにその頃からは背中をできるだけ毎日洗うように心がけました。
できるだけ、というのは、ただ湯船に浸かって身体の汚れを浮かせるだけで良いという手軽さに、身体が慣れきってしまっていたからです。
頭ではわかっているのに、身体を洗えない…!(;_;)ですが、湯上りに鏡に映して見る自分の背中のニキビは、幻覚ではなく現実だったので、キレイにするため立ち向かうことにしました。<`ヘ´>
当たり前ですが、まずはキレイに背中を毎日のお風呂で流すこと。身体を洗う前に湯船に浸かり、皮脂を浮き上がらせます。
そして石けんを泡立てネットを使い良く泡立ててから、「手で」身体を洗うことを徹底しました。
ボディブラシやタオルなどは使わず、手で洗った方が皮膚への余計な刺激を抑えられるうえに、手の感触が直に伝わるので文字どおりに「痒いところにも手が届く」洗い方ができるのです。
手でなぞりながら洗うため、背中にできたニキビを不用意に引っ掻くことも防げるので安心です。
慣れるまでが少し大変かもしれませんが、普段から腕周りの関節を柔らかくしておくと問題なく洗えるようになります。
ちなみにそのやり方をしたおかげで、肩こりと無縁にもなれました。(^^♪
お風呂から出た後には背中の保湿も忘れずに行うようにしました。まずプッシュ式の化粧水で水分を与え、それから保湿クリームを背中に伸ばしてお手入れ完了です。

使っているのは、これです⇒背中ニキビ

背中のための保湿グッズは特に新調はしませんでした。手持ちのものを背中にも使うだけで、余計な出費が抑えられると思います。
そんな習慣を続けていたら、ひと月も経たずにニキビが姿を消しました。
やはり皮脂汚れの溜まりがすべての原因だったのだと、良いと言われる健康法でも自分に合うかどうかは自己責任と、良い教訓になりました。(~_~;)


大学受験

正月だというのに親戚の子供が誰も訪ねてこなかった。毎年、この季節になるとお年玉をせびられるのであるが、逆に誰も来ないと拍子抜けしてしまう。

毎年、この時期の出費は痛かったが、誰もこないと何だか少し寂しい気もしないではない。

それで、誰も訪ねて来なかった理由であるが、今年は大学受験なので勉強しなければならないのだという。

確か、高校受験の時も似たようなことを言っていたような記憶がある。大学受験と言うことは高校受験から早くも3年が経過したことになる。

そんなことを考えながら神社に初詣に行ったら、偶然にも、その親戚の子供と会った。賽銭箱に御賽銭を入れて合格絵馬を買ったという。絵馬には大きく「合格祈願」と書かれていた。

受験する学部は決めたのか?と訊くと法学部か教育学部にするという。少し違うような気もするが、まあ良いであろう。本人が受験するのだ。本人の進路である。

お年玉を、その場で渡してやった。ポチ袋は間に合わなかったので裸銭で渡した。ついでに合格祈願のお守りも買ってやった。

受かると良いな。そして、ふと過去の自分の大学受験のときを思い出した。

私は大学のキャンパスではなく地方受験で別の会場で受験した。入学するまで自分の進学する学校が何処にあって、どんな学校なのかも全く知らなかった。

いざ、入学手続きをするために、実際に訪れてみるとシカやタヌキやサルが普通に出る環境であった。山奥も良いところだった。それを見て親は遊ぶ場所がなくて良かった。これなら勉強に専念できるよね。と言った。遊ぶ場所がなくても若者は遊ぶのだが、親はとりあえず、これで安心した。

私が受験した時は、確か入学願書をインターネットで取寄せた記憶がある。

書店で購入すると1000円くらいであったか?インターネットで請求すると無料で入手できる。いったい、どんなカラクリになっているのか?

それでもタダで手に入ったのだから文句はない。

取寄せたのは、このサイト⇒佛教大学 教育学部 願書

願書は無料で請求できたが、流石に入学金や授業料は無料にはならなかった。いくら日本育英会の奨学金をもらっていたとしても。


年明け

年明けなのであるが、どうにも締まらない生活をしている。大晦日に友人からカウントダウンパーテイーに誘われたのだが、億劫なので断った。

この歳になると冬の日の深夜に出かけようとは思わない。片づけるべき仕事も、まだ半分ほど残っている。あるいは半分以上化もしれないが。最近、環境の変化に伴い仕事の効率が落ちているような気がする。


申込み

申し込みボタンを押して、それに纏わる手続きを完了させて、セミナーに参加するための宿泊先を確保させて、寝た。

しかし、どうにも寝付けなかった。暑さのせいか。それとも別の理由か。

一 晩、開けて起きてみて、何かが劇的に変わったような気がしたけれど、起きてからやったことといえば、昨日と同じ今日。先週と同じ今週。先月と同じ今月であ る。しかし脳というか意識だけは、既にセミナー会場あるいはセミナー後に向いている。これによって人生の問題が全て解決するとは思わない。しかし単調で あった生活に一つのアクセントになったことは間違いないのではないであろうか。


ファンデーション

最近めっきり秋らしくなって来ましたね。重い冬用コートはタンスに片付けて、明るい色の服に着替えて、旅行にでも出掛けたい気分です。化粧も春らしい明るい色のものを選びたいですね。身も心も軽くなって行きましょう。

ところで着るものについては秋物ファッションなんてのがありますが、化粧品に専用ファンデーションなんてあるんですかね。

私の友人は混合肌なのですが、どんな化粧品がオススメでしょうか?やはりBBクリームですかね。


バストアップ・サプリメント

今年も忙しい時期に突入したようである。去年は今くらいの時期から休みなしの仕事になった。朝4時まで仕事をしている人を見た時は驚いたものだ.
私も、この仕事をしてから結構、体重が減った。

お腹まわりなど痩せたいところから脂肪が減少していくのなら良いのであるが、胸など痩せてほしくないところから順番に痩せていくのである。

なかなか思った通りにはいかないものである。

小さくなった胸への対策としてはバストアップ・サプリメントであろうか。


看護師の仕事

あまりこういうことを言いたくないのですが、仕事が5月から無茶苦茶です。同僚の事務所スタッフで朝8時出勤で午前二時に仕事が終わる人がいるのですね。こういう人が数人います。これが定時です。私は拘束時間は13時間程度なので、まだ良い方です。

それから、このスタッフは残業になると午前4時まで現場にいます。これが続くのです。文字通り、寝る間がないくらいです。1週間に一回くらいしか家に帰ってません。まさに社畜です。過労死というのは、こういう風にして起きるのかと実感しています。墓のある会社(関西の製造業とか有名ですが)に近づきつつあります。私も悠長なことを言ってられません。早く夜勤のない病院に転職しなければなりません。

夜勤 寿命 看護師

 


わき脱毛

わき脱毛をこれから受けようかなあと思っている人は、ここがおすすめです。他のサロンで通っているお友達よりも、脇脱毛をここで受けた方がとても早くつるつるのワキを手に入れることが出来たという人もいます。

全国に、渋谷、池袋、なんば心斎橋、三宮、名古屋栄、四条河原町に店舗を構えています。友達の5人に3人がここで脱毛をしているという人もいるくらいですから、これを見れば、どれだけ実績がある、選ばれているエステかということがよく分かりますね。


寒い

昨日の夜寒くて良く眠れなかった。
身体に、かけてあった布団が外れていたせいもあるだろう。冬場、寒くて眠れないのは毎年のことである。逆にあれだけ、寒いと寝たら死んでしまうのではないか。我が家は隙間だらけの木造住宅である。間違ってもストーブの換気が悪くて一酸化炭素中毒で死ぬことはないであろう。あれだけ、寒いと外で寝ているのと同じかもしれない。根本的に解決するには家を出るしかないのであろうか。早く春にならないか。


選挙

昨日は定時に仕事が終わって職場集会があった。労働組合の説明である。しかしながら、組合員であるにも関わらず参加しない人間がいた。自分の米びつに興味関心がないのである 。職場集会に参加しない人間を見ていて思ったのであるが、こういうタイプの人間は選挙にも行かないのである。

自分が保有している権利に無頓着なのである。世界には選挙制度のない国だってあるのだ。選挙権を保有していることの有り難さを解っていないのである。こういう人間は真っ先に騙されて、洗脳されてむしられるのではないか。

真っ先に社会からカモにされるのではないか。